ニュース&トピックス

テクノバードお子様向け特別企画「1日で学べる!夏休み自由研究」

テクノバード

お盆も終わり、あっという間に夏休みも終盤を迎えました。

小・中学生のお子様にとっては一番の思い出作りとなる夏休みですが、一方で宿題の山が・・・自由研究どうしよう・・・

頭を抱えているお父様お母様もたくさんいらっしゃるのでは?
そんなご家族を思う皆さまへTBから朗報です!!

テクノバードでは、これから自由研究に取り掛かるお子様達に、
「一日でクリアできる夏休み自由研究」の強力なサポート企画をご用意しました。

今回のテーマは「飛行機ってなんで飛ぶの!?」
本物の飛行機が飛ぶメカニズムを、翼の揚力実験装置や紙飛行機を使い勉強し、そして最後にはフライトシミュレーターを使って勉強した内容を実際に体験していただけます。

TBオリジナルのテキストもご用意していますので、
「お子様の自由研究」を、その日に完成させることが可能です!

小学校の現役の先生方にもアドバイスを頂きましたので、内容についてはご安心下さい。

是非とも、この機会にふるってご参加下さいませ。

テクノバードは、飛行機を愛する、
ご家族様、皆さまのサポートに努めております。

・・・・・・・・・・・・・・

テクノバードお子様向け特別企画
「1日で学べる!夏休み自由研究」

TBスタッフが教える!遊びながら理解できる「空飛ぶ仕組み」

【日時】
第1回 8月26日(土) 13:00~15:00
第2回 8月27日(日) 13:00~15:00

【参加費】お子様1名につき 4,860円 (税込み)
※保護者の方は無料でご来場頂けます。
※ご予約の方は、当日10分前に会場へご来店ください。
※特典!もれなくご参加頂いた10名のお子様には、セスナ30分体験チケット(3,240円相当)をプレゼントいたします。尚お子様、ご家族様までのご利用限定となります。

【会場】神戸フライトシミュレーターセンター テクノバード  
アクセス http://technobird.jp/access/
※新長田駅より徒歩8分
※駐車場有り(数に限りがございます)

【対象年齢】小学3年生~中学3年生まで
※小学生は保護者の方のご同伴をお願いします。
※セスナ172シミュレーターの使用については身長制限がございます。145cmに満たない方は別途お電話にてご相談下さい。

【定員】第1回、第2回いずれも「先着10名様」まで
※開催内容は、両日とも同じ内容となります。

【お申込み方法】ご希望日を選び、お電話またはメールにてお申込み下さい。
TEL 078-786-3028 (11:00~20:30 月曜休み)
MAIL mail@technobird.jp

※お問い合わせの際は「夏休み子供企画に関して」とご連絡下さい。

TB公式サイト http://technobird.jp/

浜松の成長企業を表敬訪問

170811

本日は浜松にある三光製作株式会社殿を表敬訪問させて頂きました。

専務取締役の山岸伸二氏は、大学時代に同じサークルに所属していました。

また、3年前には、ハノイにある子会社ESV殿を訪問し、社長のお兄様にもご挨拶させて頂き、継続的にお仕事を頂いております。

めっきという歴史のある業界の中で、独自の「ざ・めっき」という価値を創造し、そのPRの仕方がとても斬新です。

オートバイのパーツや趣味の小物へのメッキなど、BtoCでも請け負っていますので、メッキに興味のある方は是非ホームページを覗いてみてください。

BtoBでは、国産のあの超高級車向けの特殊メッキも請け負ってる技術力も高度な企業です。

また、「抗菌富士」という特許技術の抗菌メッキを施したおしゃれな雑貨ブランドを立ち上げ、TVや新聞、雑誌にも何度も取り上げられています。

これからの成長が益々楽しみな会社です!!

三光製作株式会社
http://www.sanko-seisaku.co.jp

日本商店会7周年チャリティー講演会開催

7周年チャリティーイベント

2017年9月10日(日)開催

【NPO法人日本商店会】

7周年記念チャリティー講演会

『多様性』

毎年大好評をいただいている周年イベント。

今年は多様性をテーマに魅力あふれる3名の方にご登壇いただきます!

【ご登壇者】

■第1部
NPO法人ホスピタルクラウン 代表理事 大棟耕介 様

http://www.hospital-clown.jp/

クラウンが病院をまわる「ホスピタルクラウン」の活動を、日本を中心に世界中で展開。
著書『ホスピタルクラウン』(サンクチュアリ出版)は、2008年TVドラマ化(フジTV)され好評を博す。
クラウンの世界大会では見事「金メダル」を受賞。
様々な活動で多忙を極めるなか、年間150本もの講演をこなす。
ハラハラドキドキ、笑いあり、学びありの講演内容は、とても人気が高く、日本商店会のイベントには、なんと今年で5回目のリピート登壇です。

■第2部
サトーカメラ株式会社 佐藤勝人 様

http://satokatsuhito.com/
http://www.satocame.com/

23歳で家業を継いだのちに、地域密着型の経営を展開。その後圧倒的な結果を残すことに。
栃木県内でのカメラ販売シェア19年連続首位。15年連続で粗利率が増えており、昨年の粗利率は44%に及ぶ。
今では「栃木限定、カメラ限定のとんでもない店がある」と業界内ではすっかり有名で、キヤノンやソニー、オリンパスなどの大手カメラメーカーの販売担当者も頻繁に訪れるという。
その経営手法を学ぶ「勝人塾」はその塾生も大きな成果を出しつづけている。

■第3部
サニーサイドアップ 創業者 高橋恵 様

http://www.ssu.co.jp/

40歳で離婚、42歳で長女と二人でワンルームにて起業。
スポーツ選手のマネジメント会社としては日本の先駆け的存在。
中田英寿氏、前園真聖氏、北島康介氏をはじめとする有名スポーツ選手を抱える日本有数のPR会社にまで成長し、2008年には株式上場を果たす。
カネなしコネなしから上場企業をつくりあげた秘訣は、だれにでもできる簡単なこと。
その秘訣を一緒に学びましょう。

【日程】
2017年9月10日(日)

【時間】
13:00~18:00(開場 12:00~)

【参加費】
5,000円

【懇親会費】
5,000円 (当日会場でお支払いください)

【会場】
ヒューリックホール(懇親会も同会場となります。)
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16
ヒューリック浅草橋ビル 2階
http://hulic-hall.com/access/

【お申込み方法】
メールまたはフェイスブックメッセージにて以下の情報をご連絡ください。
・代表者様のお名前
・講演会参加人数
・懇親会参加人数

宛先:高橋 功
フェイスブック:https://www.facebook.com/isao.takahashi.jp
メールアドレス:seminarあっとuwan.jp(「あっと」を「@」に変更してください)

当日は、田山しのぶさんと共に4年ぶりに総合司会の大役をご指名頂きました。
精一杯盛り上げさせて頂きます。

また、オープニングムービーも担当しておりますのでこちらもお楽しみください♪

会場でお会いしましょう!!!

7周年チャリティーイベント

7周年チャリティーイベント2

「報道ランナー」生中継(at テクノバード)

中継車

本日は、神戸テクノバードにて、関西テレビ”みんなのニュース「報道ランナー」”の生中継でした。

ご覧頂いた方々、ありがとうございました!

小柄でエネルギッシュな薄田ジュリアキャスターが楽しいフライトシミュレータ体験で、お茶の間を盛り上げてくれました。

報道ランナー

ニョキニョキとアンテナが生える中継車って、
3億円もするそうです

File 2017-08-19 23 10 44

くれぐれも追突注意ですよ♪

関西テレビの皆さま、ありがとうございました!!

報道ランナー

石坂産業さんをベンチマーク

170228

きょう
ひとりひとりができること
その積み重ねが
明日を変えていく

「自然と美しく生きる」

カンブリア宮殿でもお馴染み産廃業を営む石坂産業さんへベンチマークツアー。

産廃業者=自分の家の隣に出来たら嫌な業者。

石坂社長の志は、
迷惑産業と呼ばれている産廃業者を100年かけて地域に愛される企業にする。

過去にはマスコミの誤報によるダイオキシン問題で、
地元から出て行け署名3000名。

空気を汚さないために囲いを作れば、
中身が見えないから怪しいと石坂サティアン呼ばわり。

それを解消するため、
産廃業では初の試みとして、
見学通路を作る。

地域に愛されるためには
大金も惜しまず投資。

社員教育の基本は、
何かを教えるよりも
「自分が何をされたら嬉しいか」
を考えて自立的に動くこと。

社員採用の基準は3つ。
ボランティア精神、挨拶がきちんとできること、そして、素直なこと。

石坂社長は、自分の世代では出来なくても、
孫の世代では地元から愛される企業にすると。

そのために100年掛けて、
産廃業者のイメージを払拭する。

そのために数多くの取り組みを本気でされています。

時間と情熱と時間のかけ方が半端ないです。

スタッフの皆さんも誇りを持って働いていて、
対応がとても気持ちが良かったです。

また、アンケートに記入している束の間に、
森林散策で埃まみれとなった全員の靴を綺麗に掃除してくれていました。

石坂産業さん、
たくさんの学びをありがとうございました。